小さなアシナガバチの古巣なら自分で撤去しよう

古巣を自分で撤去する方法~危険性があります~

アシナガバチの古巣を自分で撤去するのは簡単なようで危険を伴います。自分で撤去する際に気をつけるべきことについて触れていきます。

自分で古巣を撤去する

アシナガバチがいないか確認する

アシナガバチの巣をいざ撤去しようとした時にもしもアシナガバチの姿が見えたら、その時点で駆除は一旦中止となります。自分で撤去しているうちにアシナガバチを刺激することになり、刺される可能性が高いです。作業は中止してすぐにでもハチ駆除業者に連絡をしましょう。

道具をしっかり用意

アシナガバチを駆除するには事前に道具も用意しないといけません。その道具を用意する際にもアシナガバチを刺激すると困るので、肌を露出しないような服を着て用意しましょう。道具をごそごそと漁っているうちにアシナガバチが怒って攻撃してきたら意味がありません。

古巣の撤去を行う

道具が準備できたら、ハチがいないことを確認して大きめのゴミ袋で巣をくるんでしまいましょう。くるんでいるうちに少し巣のカスが溢れると思うので、カスをほうきではいて掃除すれば完了です。巣本体さえくるんでしまえば安心です。あとは周りの掃除をして終えることができます。

作業を行うときの注意点

生き残りに刺される危険がある
古巣の撤去にはハチがいないか重々に確認をしてから行うようにと言いますが、もしかしたら巣の奥の方にアシナガバチがまだ残っているかもしれません。一見巣にはハチがいないように思っても、油断はできません。巣をいじっている時にハチがいると刺される可能性が高く、刺されると赤く腫れあがって痛みも伴うので気をつけたいです。ハチが本当にいないのか確認を念入りに行なってから駆除に移りましょう。
死んだアシナガバチに触れると危険
アシナガバチの古巣を撤去しようというときに古巣の周りに死んだアシナガバチがいることもあります。死んでしまっているといえ、アシナガバチには針があります。この針にうっかり触れてしまったことで刺されて痛みを伴うことがあるので、死んでいるアシナガバチでも触るのはやめましょう。死んでしまっていると確認できても素手ではなく棒やほうきなどで処理するようにしてください。

アシナガバチが完全にいなくなった古巣を確認できたら自分で撤去できます。しかし、100%安全とは言い切れないので、不安を感じたらアシナガバチ駆除業者にお願いしましょう。

TOPボタン